株式会社マーベラス

トップメッセージ

ゲームへ、映像へ、音楽へ、ステージへ。
感動は、ボーダーを超えて。

衣食住、そして「遊」。生きるとは、遊ぶこと。
心を楽しませるほどに、私たちの人生は豊かになります。

マーベラスは「遊」をつくる総合エンターテイメント企業です。
魅力あるオリジナルIPを生み出し、ゲームへ、映像へ、音楽へ、ステージへ。
「マルチコンテンツ・マルチユース・マルチデバイス」を強みに、時代の変化を超えて、つねに新鮮なエンターテインメントを創出。
世界の人々に、まだ見ぬ驚きや感動を届けてゆこうと思います。

やがて、この国を代表するコンテンツプロバイダーへ。
「今度は何をするんだろう」、誰もがそんな期待を抱く、挑戦とワクワクに満ちあふれたエンターテイメントカンパニーへ。
私自身、マーベラスの未来が楽しみです。

tm3.png

経営成績のご報告(2019年3月期 第2四半期)

総合エンターテイメント企業として次なる成長ステージに向けた挑戦を続け
企業価値の増大を目指してまいります。

当社の属するエンターテイメント業界は、国内モバイルゲーム市場では、根強い人気の旧作タイトルに加え多くの新 作タイトルがリリースされ、競争環境がさらに激しさを増しています。家庭用ゲーム市場では、国際的なスポーツ大会でeスポーツが競技として実施され、認知度が大きく向上しました。アミューズメント市場では、プライズゲームの成長にやや落ち着きがみられたものの、音楽映像市場ではアニメの配信市場が継続して拡大し、ライブエンターテイメント市場 でも、その盛況ぶりは衰えることなく継続いたしました。

このような状況下、当社グループは「マルチコンテンツ・マルチユース・マルチデバイス」戦略を基軸とした総合エンターテイメント企業として、強力なIP(知的財産)の確立に向け、話題性の高いコンテンツの提供とサービスの強化に取り組んでまいりました。

セグメント別では、オンライン事業で長期運営タイトルの売上減少や一部新作タイトルの軟調な推移があったものの、コンシューマ事業では国内新作ゲームソフト、アミューズメント等が好調を維持し、音楽映像事業でもステージ公演や各種二次利用収入が引き続き好調に推移いたしました。
この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は13,314百万円、営業利益2,767百万円、経常利益2,870百万円、親会社株主に帰属する当期純利益1,941百万円と前年同期比で増収増益を達成いたしました。

今後は、低迷が続くオンライン事業について、機構改革や編成方針の見直しにより、業務効率の向上を図り、早期の立て直しに努めるとともに、総合エンターテイメント企業として、“マーベラスブランド”の確立による企業価値の更なる増大と持続的成長を目指してまいります。


2018年11月 吉日
代表取締役会長 兼 社長 CEO
中山 晴喜